ドラム式洗濯機がくさい原因は洗濯物の量かも!?

生活
この記事は約2分で読めます。

ドラム式洗濯機に買い換えて洗濯物からイヤなにおいが・・・

先日、縦型の洗濯機からパナソニック製のドラム式洗濯機に買い換えたら、洗濯物からイヤなにおいが・・・。

洗濯機から取り出したときには、ほのかに柔軟剤の香りがするのですが、晴れた日に外で干してるのに、生乾きのような、ぞうきんのような、イヤなにおいがしてしまうのです。
洗濯機で乾燥までやったときにも、同じようにイヤな臭いがしてしまいます。

本当の解決方法(我が家の場合)

電気屋の店員さんに聞いてみたり、Webでいろいろ調べて試したけどほとんどダメで、試行錯誤した結果、
洗濯物の量を減らせばよい
ことが判明しました。

我が家は5人家族で洗濯物が大量で、見た感じでドラムの空間の80%くらいまで、洗濯物を投入してました。
これを2回に分けて洗濯し、ドラムの空間の40%くらいに、洗濯物の量を抑えると、あのイヤなにおいがしなくなりました!
カタログに洗濯容量11kgと書いてあるけど、それよりだいぶ少ない量だと思います・・・

子供たちはタオルで顔を拭くときに、臭くて息を止めてたそう。
それがいいにおいになったぁと喜んでくれました。

他にやってみた対処方法

ドラム式洗濯機用洗濯槽クリーナーで掃除する

某電気店の店員さんに相談したら、月に1度は洗濯槽クリーナーで掃除した方がいいですよと言ってました。
もちろんやらないよりはやった方が、洗濯槽はきれいになっていいと思いますが、うちの洗濯物のイヤなにおいは取れませんでした。

洗剤や柔軟剤の量を変える

Webで調べると、洗剤や柔軟剤の量が多すぎても少なすぎてもダメなようです。でも、うちの洗濯機は自動投入でやってるので、適切な量になってると思います。

排水口をチェックする

排水口が原因という記事も見かけました。
うちの排水口を見てみたけど、水が無くなって、排水口の奥の方からにおいが上がってくるようなことにはなっていませんでした。

まとめ

イヤなにおいの原因は洗濯物の量でした。
他の対処法をやってもにおいが解消しないときは、ぜひお試し下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました